History Educationalist Conference of Mie

「みえ歴教協」のホームページへようこそ。

地域に根ざし 楽しくわかる社会科を真実と平和の歴史を 

子どものひとみに輝きを

地域での学習会③(四郷郷土資料館)
地域での学習会③(四郷郷土資料館)

今後の活動です

 今年度の活動も順調にすすんでいます。

 今年の全国大会レポートは9本。レポート報告と現地見学を合わせた「地域での学習会」はあと1回になりました。

 県内フィールドワークは芦浜、県外フィールドワークは2泊3日で福島北部と福島南部をじっくり巡ります。

 社会科授業づくり講座は、水産業と十五年戦争をテーマにします。

 今後の日程は下の通りです。日を空けておいて下さいね。

 

  7月 1日(土) 地域での学習会④(伊賀白鳳高校・ガイダンス室)

  9月 9日(土) 社会科授業づくり講座①「水産業をどう教えるか」

 10月28~29日 福島フィールドワーク(27日は東京に前泊予定)

 11月25~26日 東海ブロック集会(長野・満蒙開拓平和祈念館)予定

 12月 2日(土) 芦浜フィールドワーク

  1月13日(土) 社会科授業づくり講座②「『従軍慰安婦』・沖縄をどう教えるか」

  2月11日(日) 2・11を考えるつどい(実行委員会で) 

今年の全国大会は神奈川です

8月4日(金)~6日(日)

法政大学第二中・高等学校(武蔵小杉)

 

 歴教協の第69回全国大会は神奈川/関東大会。大会テーマは「地域に生きる希望を 子どもたちに」です。

 

 3日(木)午後は、プレ企画として講演「登戸研究所が明らかにする日本の闇(仮題)」(山田朗さん)と明治大学平和教育登戸研究所資料館の見学が予定されています。資料館の名称に「平和教育」が入っているのが、さすがですし、素晴らしいです。

 全体会・分科会ともに会場は法政大学第二中・高等学校。武蔵小杉なので新宿からでも通えます。

 全体会の記念講演はジャーナリストの金平茂紀さん「憲法施行70年 ジャーナリストが見た日本の教育(仮題)」です。昨年夏に高江でもお見受けしましたが、大手マスコミで唯一激動期の高江を取材されていた方です。登戸研究所を子どもたちと掘り起こした現地報告「君たちには話そうー甦った陸軍登戸研究所~足元を掘れ、そこに泉わく」も楽しみです。

 5~6日の分科会では全国のレポートから学びましょう。授業づくり講座も開催されます。

 

  5日の夕方には地域に学ぶ集いがあります。

〇安保と米軍基地問題ー横須賀・厚木・米軍機墜落  〇貧困と格差への取り組み  〇横浜中華街の歴史と華僑の歩み  〇授業が面白くなる地域資料の使い方  〇ヘイトスピーチ出合い直しませんか?  〇小田原三城と城下町 戦国から江戸へ  〇19世紀半ばの横浜ー遊女・苦力・ペルー  〇子どもたちの今―川崎中学生殺害事件  〇関東大震災の朝鮮人・中国人虐殺  〇オリンピックと東京湾岸の都市づくり  〇教科書問題  〇日韓歴史教育交流  〇日中歴史教育交流


 7日以降は次のような現地見学が予定されています。

〇海から見る横須賀基地と米軍基地  〇幕末横浜開港の史跡巡り  〇石垣山一夜城と小田原城総構えを歩く  〇横浜を歩く(みなとみらいなど)  〇中世鎌倉を巡る  〇日本国憲法の源流をたどる(宿泊コース)  〇浅草 浅草寺周辺の史跡  〇靖国神社と遊就館  〇江戸湾防衛からオスプレイまでー軍事と開発で変貌する君津地域 

 6月16日時点で、どのコースもまだ予約可能だそうです。ぜひご参加下さいね。

三重県歴史教育者協議会
略称:みえ歴教協
(みえれっきょうきょう)
〒513-0012
鈴鹿市石薬師町354
      萩森繁樹

 

お問い合せは下記フォームからお願いします。

メモ: * は入力必須項目です